クレカ不正利用の容疑者逮捕

 警視庁サイバー犯罪対策課は22日、昨年11月から12月にかけて、北九州市の80歳代女性のID・パスワードで大手通販サイト「楽天市場」にログインし、女性のクレジットカード情報を使ってスマートフォン1台(約4万2800円)を購入したとして、川崎市多摩区に住む20歳の容疑者を逮捕しました。

 容疑者は容疑を認めており、「ほかにも他人のカードで買い物した。総額は多すぎて見当もつかない」と供述しているそうです。実際に容疑者の自宅などからスマートフォン約70台が押収されており、他にも余罪があると見られています。

 SQLインジェクション攻撃と呼ばれる手法でID・パスワードを入手、パスワードリスト攻撃で楽天市場などの販売サイトにログイン、買い物を繰り返していたようです。しかし、「総額は多すぎて見当もつかない」と言うのは凄いですね。恐らく押収した資料と販売サイトに残された記録を照合して、被害総額は判明するでしょうが、一体幾らになるのか。