松井秀喜、ヤンキースと1日契約

 プロ野球の東京読売巨人軍、メジャーリーグのニューヨーク・ヤンキースなどで活躍した松井秀喜氏(39)が28日、ヤンキースとマイナー契約で1日契約(ワンデー・コントラクト)を結びました。

 2009年まで7年間在籍した松井氏の功績をたたえて同球団を最終所属球団とするためのもので、アメリカの選手などでは前例がありますが、日本人選手では初めてのことです。

 「球場に入った瞬間から泣きそうだった」と言う松井選手はスーツにネクタイ姿で、カートに乗ってグラウンドに姿を現すと、電光掲示板には「THANK YOU HIDEKI!」の文字が表示され、スタンドから大きな拍手が上がりました。

 ホームベース近くに設置されたデスクには引退を確認する文書が用意され、両親が見守る前でサイン。ヤンキースのキャプテン、デレク・ジーター選手(39)から、2009年にワールドシリーズ最優秀選手に輝いた時と同じデザインの背番号55のユニホームが贈られました。松井と同い年のジーター選手が「私のすべてのチームメートの中で、彼はベストのチームメートだった」と振り返ると、松井も「彼は最も尊敬できる選手だった。その選手からそう言ってもらうのは、プレーヤーとしては最高の幸せ」と語りました。

 松井氏は記者会見で、「ヤンキースというチームは僕にとってはずっとあこがれでした。そのチームに7年間も在籍させてもらって、本当に幸せな日々でした」と述べています。