小学校教諭、高校の女子トイレに侵入

愛知県警半田署は21日、同県阿久比町、小学校教諭滝沢太郎容疑者(41)を、同県半田市の県立半田東高校の体育館に侵入した、建造物侵入の疑いで現行犯逮捕しました。

体育館の女子トイレ付近で不審な人影を見つけた同高校の女性教諭から連絡を受けた同僚の男性教諭が、女子トイレの個室に逃げ込んだ滝沢容疑者を取り押さえて半田署員に引き渡したもので、滝沢容疑者「トイレを借りたかった」と供述しているそうです。しかし、この小学校教諭は女子トイレを借りたかったのでしょうか?。だいたいトイレを借りるなら、コンビニでも公園のトイレでも、他にいくらでもあるというのに、何故わざわざ高校の、しかも女子トイレ付近にいたのか。動機は容易に想像がつきます。

この手の、教師が生徒を対象にしたわいせつ事件は後を絶ちません。まるで、最初からそれを目的に教師になったのではないかと謡がいたくなるほどに。
性犯罪は、特に未成年を対象としたものは再犯率が高いと聞きます。このような教師を二度と教育現場に戻してはいけません。