暴走動画投稿の2人を殺人未遂容疑で逮捕

 大阪府門真市内の通学路を猛スピードで走る車内から、下校中の中学生らが逃げ惑う様子を撮影した動画を投稿した二人の男が殺人未遂で逮捕されました。

 逮捕されたのは、車を運転していた同市の建設作業員の少年(19)と、同乗していた同市舟田町の会社員・東克斗志(かつとし)容疑者(20)です。二人はクラクションを鳴らしながら乗用車を猛スピードで走らせ、下校中の中学生らを殺害しようとした疑いが持たれていますが、共に殺意は否認しているそうです。

 問題の動画は、約20秒間、同市沖町の市立第二中学校の通学路をクラクションを鳴らしながら猛スピードで走っており、「のけ、こら、お前ら」などの声も入っていました。動画は助手席側から撮影されており、同乗していた東容疑者が撮影したと見られます。

 大阪府警門真署は動画の内容から、通学路における危険な運転だったとし、殺人未遂容疑が適用できると判断、出頭してきた二人を逮捕したということです。